消費者金融の歴史

今日でこそ私達にとって身近なサービスとして、いわゆる市民権を得た感の消費者金融ですが、その歴史を遡る限り、いわゆる「怪しい」「怖い」イメージが拭えない時期が続いていました。
いわゆる「闇金」「高利貸し」などと称される、無担保でお金を貸し付ける悪質業者と混同されている「誤解」の影響は今日も一部で根強い感が否めません。
常識的には考えられ無い高い金利を査収する、返済が滞った顧客に対し、強引な取り立てに及ぶなど、消費者金融イコール「怖い」との先入観が今日も完全に払拭されていないのも、残念ながら現実です。

その後クレジットカードの普及や無担保キャッシングサービスのニーズの高まりもあり、更には金融業者各社のイメージアップの努力も徐々に実を結び、消費者金融の利用者数は着実に右肩上がりを見せ続けて来ました。
「借り過ぎに注意」と利用者の経済破綻への警告を積極的に行うなど、顧客との信頼関係の上に成り立つ消費者金融業界が確立されている現状は、皆さんご存知の通りです。

今日では銀行とタイアップするスタンスの消費者金融も数多く、更には法的整備が不十分だったが故の過払い金問題にも積極的に対応するなど、人目を忍んで薄暗い雑居ビル内に足を運んでお金を借りるイメージは完全に払拭されています。
但し消費者金融はボランティア組織では無く、法律で定められた範囲内の金利で利益を追求する営利目的の民間企業であり、無計画に乱用した結果、経済的に破綻してしまう利用者となってはならず、各社が謳う「利用は計画的に」を私達は遵守せねばなりません。


<外部リンク>
2つの無利息カードローンサービスを提供している新生銀行グループの消費者金融会社です ⇒⇒⇒ カードローン